ALL EXCEL Program VBA VBA-1週間で分かる

【1週間で分かる】超初心者から始めるEXCEL VBA入門~応用講座【まとめ】

本記事で目指すもの

結論:1週間の学習でマクロが作れるようになる!
(1日2時間×5日間=10時間の学習)

 
私自身、独学でVBAスキルを取得しましたが、
事務仕事で本当に必要だった知識は一部でした。
 
独学での学習期間は1か月程(毎日 5時間くらい勉強していました。)
 
その時の経験を元に本当に必要だった情報のみ
可能な限り体系的に説明します。
 
また、本記事では、VBAの全体像も理解できます。
 
これによりVBAにおける知識の幹が形成され、
VBAをより深く知りたいと思ったとき、
世の中にある様々なVBA参考書の情報を吸収できるはずです。

ちょっとだけ宣伝

こちらは宣伝になりますが、
プログラミング学習(全般)における間違えない学習方法理由を含めて説明した記事がございます。
当然 無料ですので、学習方法において不安に感じている方がいらっしゃれば 是非ご覧くださいませ。


マクロが作れるとどうなるのか?

結論:事務仕事の業務が改善します。削減率は85%前後です。

 
毎日、毎週、毎月の定例業務をマクロ化しましょう。
 

例:30分の業務が1分で出来る(削減率:96%)
   └ データ集計・成形など
  5分の業務が0.5分でできる(削減率:90%)
   └毎朝ルーティンファイルを開く など

 
毎日 30分の業務を1分で出来た場合、
月間 600分(※a)の作業が20分になるため、
月間 580分(約10時間)業務削減となります。
 ※a:1か月20営業日換算
 
学習時間10時間は約1か月でペイできます

学習スケジュール

私が社内で受けるVBAマクロ作成依頼のTOP3

実際に、社内で困っている人たちは このような内容で苦しんでました。

1つ目:コピペ (Chapter1~3で学習)
  ・・・ EXCELブックからEXCELブックへ
   EXCELシートからEXCELシートへ
   EXCELセルからEXCELセルへ
   情報の転記作業

2つ目:チェック(Chapter4で学習)
 ・・・EXCEL(またはCSV)出力されたデータが
   元ファイルデータと一致するしているか検査

3つ目:Webスクレイピング(Chapter5で紹介)
 ・・・EXCEデータをWebブラウザに自動入力しボタンを押下
   Webブラウザからデータを抽出しEXCELへ転記

私がVBAの学習で失敗したと思うこと

私がVBAの学習で失敗したと思うのは
初めから全てのことをできるようになろうとした」ことです。
 
正直、インプット期間が長くなると 前段のパートを忘れていきます。
その忘れたせいで次の学習パートに進めずに、
いつまでたってもインプットが終わりません。
 
そして、モチベーションも低下して勉強しなくなり、
「VBA=難しいもの」という認識になり、
VBAないしはプログラム全体を嫌いになります。
 
いまさらですが、VBAは簡単です。
 
VBAの仕組みが分かっていれば、
Google検索でいくらでもコードは出てきますから
多くのやりたいことを実現できます。

私がVBAが簡単だと思う理由

1990年代にEXCELは登場し、
1990年代~現在にいたるまで多くのVBA説明記事が蓄積されています。
 
最近 流行りのプログラム言語で 
GAS(GoogleAppsScript ※javascript)やPythonが登場していますが、
Google検索でやりたい事が引っかかる確率は EXCEL VBAの方が格段に上だと思います。
 
そしてまた気づくと思います。
自分自身がマクロ化で困っていることを調べると、
既にその困難を解決している先駆者がGoogle検索で出てくることを。
 
会社の事務仕事で解決したい問題は、
既にWeb上の誰かが解決しているケースが多く、
偉大なる先人たちの知恵を積極的に活用すればVBAは驚くほど難易度が下がります。
 
上記が、VBAが簡単だと思う理由です。
一日の長であるEXCEL VBAからプログラムの全体像を学べば、
その他のプログラム言語を学ぶ基礎となるため 頑張っていきましょう。

私がおすすめするVBA参考書

逆引きコード本を使用すれば、
VBAでやりたい事を 逆引き=検索できるため、VBA作成時間が短縮できます。
 
もちろん、Webサイトで都度 調べても 全然問題ないのですが、
逆引きコード本の良いところは、
全コードが統一した形で表現されているため非常に分かりやすいいうこと。
そして、連動性のあるコードが前後に記載してあるということです。
 
Webサイトを横断しての調べものは、
各サイト毎にプログラム構成のクセが違っていたり意外に理解に時間がかかります
また、コードの情報各ページごとショットでの記載が多いため、
別のコードで解決できるかもしれない・・・といった閃きが起こりにくいです。
 
VBAを早く上達する一番の近道
逆引きコードを活用し たくさん実践することだと
今だからこそ深く思います。
 

<逆引きコード本 がおすすめな理由>
①VBA作成時間を短縮できる
②統一されたコード表現のため 自身のコーディングにも統一性がでる
③連動性のあるコードが前後に記載されているため 閃きを与えてくれる

 
これから紹介する 
3つのパートを理解すれば、
逆引きコード本を理解できる土壌は揃いますので、
学習後は 逆引きコード本を入手することを強くオススメします。
 
とは言っても、逆引きコード本多数あり当たり外れがありますので
私自身が現在お世話になっている VBA逆引きコード本を紹介します。    
 
とりあえず、これを持っておけば間違いないと思います。
 

おすすめな理由は、とにかく見やすく、情報量が丁度良い こと。
読み味が非常に良く、説明する深さ適度であるため VBAの理解に役立ちます。
 
ハッキリ言ってコスパが良いと思っています。
定価の値段は、時間単価 2,000円/hの業務をたった1時間効率化すれば
すぐに元値は回収できますので 迷ったらこちらを手に取っていただけば間違いは無いと思います。

次回以降

次回以降、学習スケジュールを元に、説明をしていきます。
最終的には、説明記事をまとめて一覧にしたものを掲載予定ですので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Chapter1〜5 各リンク

「Chapter1-準備・体験」編はこちら

「Chapter2 -基本・動作」編はこちら

 

「Chapter3-基本・応用」編はこちら

「Chapter4-深堀」編はこちら

「Chapter5-実例/紹介」編はこちら




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, VBA, VBA-1週間で分かる
-, , , , ,