ALL EXCEL Program VBA

【解説付】VBEの説明とオススメ設定の紹介【EXCEL VBA】

本記事で説明するもの

こんにちは。nkmrです。
本記事では、EXCEL VBA(マクロ)を作成する際に使用するVBEのオススメ設定を紹介します。
 
本記事は、別投稿している
をもとに 紹介しています。
 
初心者向けに本当に必要なVBA全般知識を 全パート5つにまとめている記事となり、
よろしければ、そちらもご覧いただき、
VBAで より効率化を目指して頂ければ幸いです。

VBEを開いてみよう

そもそも「マクロ」「VBA」「VBE」って何?という方 向けに説明。

<説明>
マクロ:指定した作業を自動化する機能
VBA:MicroSoft社のMicroOffice(※1)に搭載されたプログラミング言語
VBE:VBAを編集するツールアプリケーション
  ※1:EXCEL、WordとかのOffice製品のこと

VBEはVBAをコーディングするときに使うエディターです。

VBEは 2つのいずれかの方法で出現させることができます。
 
<VBEを出現させる方法>
方法1:「開発」タブ内の「Visual Basic」を押下
方法2:キーボードで Alt + F11 を押下

 

個人的には、方法2で出現させることが多いです。(楽だから)
 

VBE画面の説明

ざっくりと覚えればOKです。
 
 
標準モジュール(赤枠    :マクロ(VBA)を書くところ
プロパティウィンドウ(青枠 :標準モジュールの設定を変えるところ
イミディエイトウィンドウ(紫枠デバックとかで利用するところ

 

VBEのおすすめ初期設定

ほぼ初期設定のまま、僕は利用していますが、
一部便利機能のみ設定変更しました。
 
≪おすすめ初期設定-2つ≫
 ①記載プログラムの一部非参照化できるツールバーの追加
   └ 理由:コードを非参照にする際に、
       対象のコードの前に「’(アポストロフィ)」を付けます。
       「Shit+7」のキーボード入力で付けることができます。
       一つ一つ手動で入力しても同じ結果が得られますが、
       このツールバーを使用すると 範囲選択したコードに対して、 
       一括で付けたり・消したりできます。
 
 ②プログラムの自動エラー構文機能の無効化
   └ 理由:間違えたコードを記載したと判定されると
       都度エラーのウィンドウが出現し作業効率化低下するため、
       エラーウィンドウを出現しないようにします。

■設定方法■
<①記載プログラムを一部非参照化できるツールバーの追加>

 
■設定方法■
<②プログラムの自動エラー構文機能の無効化>
 VBE上から「ツール」→「オプション」をクリックし、
出現したポップアップ内の「自動構文チェック」のレ点チェックを外して「OK」をクリック  
 

終わりに(VBAの学習に興味があれば)

独学で勉強するには限界があります。私もその一人でした。

挫折しかけた経験を活かし、本当に必要な知識だけをまとめたVBA学習記事を以下の記事にまとめていますので、学習方法に迷っていたら 無料ですので 立ち寄って見てください。




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, VBA
-, , ,