ALL EXCEL Program Tips VBA

【解説付】Cells/Rangeでセルを指定する方法【EXCEL VBA】

本記事で出来ること

本記事では以下のことが分かります。

-分かること-
①Cellsでのセル指定方法が分かる
②Rangeでのセル指定方法が分かる
 
EXCEL-VBAでの最初の難関は、任意のセルを指定することだと思います。
僕もそうでした。
 
本投稿で紹介するコードや内容は、
Crowd Worksで実際に納品したVBAコードを元に説明しているので
ご安心して 内容を確認ください

前提知識:CellsとRangeが曖昧な人向けの説明

セル(Cells)とレンジ(Range)ってそもそも何?という方 向けに説明すると、
セル(Cells)は 「A1」というように表現がされ、
レンジ(Range)は「セルの範囲」を意味し「A1:C3」というような表現がされます。
 
ここで注意なのが、A1セルという単体セルも、
VBA側は 「セルの範囲」と認識しますので、
Rangeでセルを指定してあげるときは 注意する必要があります。
(先に答えを書くと、Range("セルの範囲")がVBA構文なので Range("A1")としてあげればよい)
 
 
 
 

Cellsでのセル指定方法

さっそくCellsでセルを指定する方法を説明します。
 
Cells構文は、Cells ( , 列 ) となり、
以下が理解の仕方のサマリとなります。
 
 
現在操作中のEXCELの対象セルを指定してあげるときは、
このような形↓で利用すればセルを指定できるでしょう。

直接、指定したセルに値を入れたいときは、このような形↓で実行しましょう。

 
さらにさらに、指定したセルに 別の指定したセルをコピーしたいときは、
このような形↓で実行すればOK
(左辺がコピー先、右辺がコピー元なので間違えないように)

Rangeでのセル指定方法

Rangeでセルを指定する方法を説明します。
 
Range構文は、Range("セルの範囲")となり、
以下が理解の仕方のサマリとなります。
 
 
Rangeでのセルの指定は、難しく感じますね。
でも、必要になったら都度 調べながら使う という心持ちで良いのかなと思います。
僕自身も あまり使わないでいると すぐ忘れますし。
(備忘のため本記事を書いているというのが裏の目的ですし。)
 

終わりに

いかがでしたでしょうか。
 
簡単に感じた部分、難しく感じた部分が
それぞれあったと思いますが理解自体は出来たかと思います。
 
少々脱線しますが、プログラムに暗記は不要です。
僕も時々忘れるので 都度調べながら書いています。
 
どちらかというと 調べながら コードを実装できるスキルの方がプログラムでは重要ですので、
今回紹介したコードは暗記しなくて/できなくても何ら問題ありません。
 
 
もしVBA全般のルール・基本知識を身に付けたい方がいらっしゃいましたら、
こちらは宣伝になりますが、
本ブログでは「1週間で分かるVBA 」 なる記事もご紹介していますので、
一度 覗いてみてくれると幸いです。(当然、無料です。)
 




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, Tips, VBA
-, , , ,