ALL EXCEL Program VBA

【解説付】EXCEL-VBA 既にタスクバーにあるIEブラウザをobject変数に格納する

本記事で出来ること 

本記事では、EXCEL-VBAで 以下の内容が出来ます。

 -出来ること-
 ・既にタスクバーにあるIEブラウザをobject変数に格納する

  (変数に IEブラウザを格納すること手法の説明)

どのような用途で必要?

有名なコードでは、CreateObject で毎回IEブラウザを立ち上げて、
それと同時にIEAP(変数:object型)に格納する手法がメジャーかなー思います。
 
↓このようなコード。★でIEブラウザが変数に格納されています。
この手法↑でIEブラウザの制御は、できるは「できる」のですが、
既にタスクバー内に存在するIEブラウザを 変数に格納する方法も
知っていた方がプログラムの融通…というか幅が利きます。
 
用途として挙げられる代表例は、
ログインを要するページから情報抽出(Webスクレイピング)たいときです。
 
抽出したい情報が ログイン後のページにあった場合、
ログイン後ページから処理をスタートできたらセキュリティ面で非常に安心です。
 ※CreateObjectで都度ブラウザを立ち上げる方式だと、
  コード内に ID/PWを入力するコードを入れておく必要があり
  セキュリティ面で不安です。

コード(解説はコード内コメント参照)

利用するサイトは「http://yahoo.co.jpです。
IEブラウザでYahooを開いた状態で ↓のコードを試してみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今後もVBA↔IEブラウザ制御については需要があると思いますので、投稿していこうと思います。

また、ゆくゆくは『 1から始めるVBA ↔IEブラウザ 連携 講座』もシリーズものとして投稿し少しでも読者の方の役に立てれば良いなと考えておりますの、今後とも どうぞよろしくお願いいたします。




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

ブロガー│NakamuraBlog(ナカログ)運営 [月1.5万PV]│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, VBA
-, , , , , , , , ,