ALL EXCEL Program Tips VBA

【解説付】VBA-最終行を取得する方法-完全理解【EXCEL VBA】

本記事で出来ること

本記事では以下のことが分かります。
 
-分かること-
VBAでEXCELの最終行取得する方法

最終行の取得方法(コードはこちら)

さっそくですが、最終行の取得方法のコードを紹介します。
 
 
仮に最終行が 100行目だった場合、
変数:lastgyou の中身は「100」が格納されています。

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row でなんでA列の最終行が分かるの?

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row を分解して解説します。
 
<分解して解説>
Cells(Rows.Count,1):A列の最終行から
End(xlUP):上へカーソルを飛ばした
Row:セルの行数を取得
 
つなげて読むと、このようになります
A列の最終行から 上へカーソルを飛ばした セルの行数を取得
 
これだけでは、腑に落ちないと思うので図を用意しました。
 
 
もちろん、Cells(Rows.Count, )にすれば、B列の最終行も分かります。

余談:Cellsの理解が曖昧な人向け

Cells(Rows.Count, 1) が 突然出てきてきたため、
これまでの説明は、Cellsを知らない人からしたら意味不明だったかもしれません
 
CellsはEXCELのセルを特定する構文となり、VBAにおいて最重要-理解すべき基本知識の1つです。 
 
曖昧に理解している人はいませんでしょうか? 
 
以下の記事に Cellsの解説をしているので、不安に思われた方は リンク先で確認して下さいませ。
(早い人は 5分で読めると思います。)
 
確認後に、再度、本ブログ記事を読んでもらえれば、腑に落ちると思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

こんなこと言ったら 信頼性に問題がありますが、
プログラムなんてものは、まずは 動きゃいい と僕は思っています。
 
もちろん 仕組みを理解することで、
プログラムの誤作動を未然に防ぐことができますが、
すべてを未然に防ぐことは不可能です。
 
Inputでは完全に理解する必要は無く
やりたいことを調べる(Input)→試す(Output)→なんか違うから調べる(Input)→試す(Output)の繰り返しが重要で
調べたコードを実装する力こそ 重要な能力だと僕は思います。
(矛盾するかもしれないが、だから基礎が大切。基礎が分かればコードを読解できる→実装できる)
 
トライ&エラーを重ねて 理解を深めていきましょう。
 
こちらは宣伝になりますが、
もしVBA全般のルール・基本知識を身に付けたい方がいらっしゃいましたら、
本ブログでは「1週間で分かるVBA 」 なる記事もご紹介していますので、
一度 覗いてみてくれると幸いです。(当然、無料です。)




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, Tips, VBA
-, , , ,