ALL EXCEL Program Tips VBA

【解説付】VBA-Cell/Range構文の基本・ルール【EXCEL VBA】

本記事で出来ること

本記事では以下のことが分かります。
 
-分かること-
①Cells構文の基本・ルールを知ることができる
②Range構文の基本・ルールを知ることができる

本投稿で紹介するコードや内容は、
Crowd Worksで実際に納品したVBAコードを元に説明しているので
ご安心して 内容を確認ください。

Cells/Range構文の基本・ルール

実は、Cells や Rangeでアプローチする構文の種類は2つだけです。
 
<構文-種類>
 1.プロパティ構文   
 2.メソッド構文     
 
この基本ルールを知っておけば、
有名な Do Loop構文、For Nextの構文と併用しても
混乱しなくてすみます
 
それでは 説明していきます。
 

プロパティ構文とは?

一番お世話になるであろうプロパティ構文。
このタイミングでしっかり理解しておきましょう。
 

メソッド構文とは?

メソッド構文は英語の文法と同じように考えると良いです。
 
S(主語)+V(自動詞)形式のSV系や
S(主語)+V(他動詞)+O(目的語)形式のSVO系で 表現されているからです。
 

プロパティ構文とメソッド構文で覚えておくこと

ここで必ず覚えておくこと としては以下の通りです。
 
 <覚えること>
 ・プロパティ構文は、右のものが 左に作用する  
 ・メソッド構文(SVO系)は、左のものを 右に作用する  
 
作用させる向きが それぞれ逆なので このポイントを覚えておけばOKです。
 
 
この辺は VBA側のルールとなりますので、事前知識がないと中々対処できないところですが、知ってしまえば簡単に感じる方が多いのかな?と思います。
 

終わりに

いかがでしたでしょうか。
 
もしVBA全般のルール・基本知識を身に付けたい方がいらっしゃいましたら、
こちらは宣伝になりますが、
本ブログでは「1週間で分かるVBA 」 なる記事もご紹介していますので、
一度 覗いてみてくれると幸いです。(当然、無料です。)




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, Tips, VBA
-, , , ,