Blog

【日記】人生-死ぬまで生きる問題(読む価値は多分無い)

ただ生きるだけならバイトでも良いのだけど

ただ生きるだけなら、バイトでも良い。

シンプルに考えれば、「居住費」と「食費」と「少々の小遣い」があれば、食べていけるわけで。

「居住費」は 家賃(月7万)、光熱費(月2万)、通信費(月1万)としたら 月に10万円 あれば問題無い。
「食費」は 1,000円/日 だとすれば、月に 3万円あれば問題無い。
「小遣い」は 月1万〜2万円であれば 、少々の娯楽も楽しめる。

結論、月15万円 ほど 収入があれば、まぁ 生きていける。
年収換算だと 月15万円×12ヶ月 = 160万円/年 。
税金は微々たるもの。

仮に実家暮らしなら、もっとイージーで
居住費からそのままマイナスすれば、月 5万円で 生きていける。
年収換算だと 月5万 × 12ヶ月 = 60万円/年。
これくらいの年収なら 税金など考えなくて良い。

だけど、なぜこんなにも 働くのだろう。

老後の心配? 贅沢をしたい? 世間体?
結局のところは、多くの人が その辺が理由だと思う。

正直、贅沢には興味が無い

なぜ こんなにも働くのか。

老後の心配? 贅沢がしたい?世間体?
結局は この辺が理由な人が大半だと思う。

僕もその1人だと自覚している。だから働いている。

けれど、未だ見ぬ老後に 何を備えるのか。
贅沢の欲求も天井が見えた年齢に差し掛かった人として、これ以上 何を求めるのか。

「老後の心配」は 老後に考えて良いと思うんだ。
「贅沢」なんかは 物欲より働くストレスの方がまさっているから、割とどうでも良い。
「世間体」は…ちょっと気になるけど、友達少ないから大丈夫だと思う。

それだったら、働くって 一体何なんだろうか。

月 15万円 あれば 生きていける。

けれど、やめることが出来ないのは、結局は 勇気が無いだけなのか、自分にスキルが無いからなのか。

働く意味って何なんだろうか。

働く意味

働く意味って何なんだろうか。

人によっては、仕事の達成感は、普通の生活では経験できないから、
一度 味わうと病みつきになるっていうけど、僕は 決して そうとは思わない。
達成感なんて、1週間もすれば忘れてしまう。

仕事の納期や仕事量は、自分の限界値を上げてくれる部分はあるけど、
正直、僕は経験すべきものではないと思う。
そんなのは単純に 適切に仕事が振られていないだけ。

働く = 人生を豊かにするに、結びついてる人は 幸せだと思う。
なぜなら、生きてるだけで幸せ だから。
人生は「寝る」「働く」「自由時間」で1/3ずつ 割り振られていると仮定すれば、その理由は明白。

だからこそ、「働く」をテキトーに扱ってしまうのは、人生の1/3を無駄にしていると言っても過言ではない。

だからこそ、「働く」について、真剣に考えるべきだと思った。

とりあえず

とりあえず、転職エージェントに登録してみようと思った。

いままで「働く」について、人生の試練と思っていたけど、
仕事は人生を豊かにするツールであるのであれば、転職エージェントにこそ身を投じて見るべきかなと。

働く意味を考えた時、転職エージェント会社の見え方が変わって不思議な気分になった

「働く」について真剣に考えるべきだと思うからこそ、職場のプロの人に相談をすべきかなと。
いろいろと情報を集めて、自分なりの「働き方」を模索出来ればいいかなと思ったりします。

少なくとも プログラミングの知識は多少なりともあるから、それを磨きながら、頑張っていこうと思います。

おわりに

ここまで読んでもらいありがとうございました。

こんなしょうもない日記を書いてすいません。
ほんと、生産性の無い日記ですみません。

いつかは、この日記を振り返って、こんなこともあったなと笑えるようにしたいな。

でわでわ。




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-Blog
-