ALL EXCEL Program Tips VBA

【解説付】VBA-ワークブックを操作する方法│完全理解│【EXCEL VBA】

本記事で出来ること

本記事では以下のことが分かります。

-分かること-
VBAでEXCELワークシート制御する方法

ワークブック操作を簡単なコードから学ぶ

さっそくですが、ワークブック操作について、
「Range("A1").value = "おはよう"」で説明します。
 
実は、
「Range("A1").value = "おはよう"」は
VBAの自動判別機能により、
ActiveWorkbook.ActiveSheet.Range("A1").Value = "おはよう"」
と解釈され、コードが実行されています。
 
ActiveWorkbook って何?となりますが、
現在アクティブなEXCELブック(本体) という意味になります。
 
このActiveWorkbookの箇所を
Workbook("ブック名.拡張子") 」で置き換えてあげれば、
既に開いているEXCELファイルであれば、
自在にEXCELとEXCEL間を 行き来したデータのやり取りが可能となります。
 
 
例えば、「えくせる1号.xlsm」と「エクセル2号.xlsx」という
2つのEXCELファイルが開いている状態で、
それぞれ「おはよう」と「ありがとう」を入力すると以下の通りになります
 
 
◎「えくせる1号」のシート「てすと1」のA1セルに「おはよう」を入力したい場合

◎「エクセル2号」のシート「テスト2」のA1セルに「ありがとう」を入力したい場合

 

EXCEL が開かれていない場合はどうやって制御するの?

結論、EXCELが開いてなければ 開けば良いのです。
 
 <EXCELファイルを開く方法>

 
もしフルパスについて詳しく知りたい場合、
別記事でまとめてますので、そちらを参照下さい。
【解説付】フルパスを理解-ファイル開閉時に利用│完全理解│【EXCEL VBA】
 

終わりに

いかがでしたでしょうか。
 
 
トライ&エラーを重ねて プログラムは理解が深まっていくので、
積極的に挑戦し理解を深めていきましょう。
 
こちらは宣伝になりますが、
もしVBA全般のルール・基本知識を身に付けたい方がいらっしゃいましたら、
本ブログでは「1週間で分かるVBA 」 なる記事もご紹介していますので、
一度 覗いてみてくれると幸いです。(当然、無料です。)

 




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-ALL, EXCEL, Program, Tips, VBA
-, ,