Blog Life Thought

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった場合の対処法【眼科医に聞いた】

コンタクトレンズを付けたまま寝た場合の目の影響

コンタクトレンズを装着したまま寝てしまった時、目以外にも身体に悪影響があります。

身体への悪影響

・角膜内の酵素不足により、角膜表面のバリア機能が低下し、感染性リスクの悪化
・酸素供給量の低下により、目の充血頭痛の発症
・目の潤いが無くなり、レンズが角膜内に張り付き、取り外す際に 角膜を傷つける可能性
・コンタクトレンズ=異物を入れた状態での睡眠は身体の拒絶反応を引き起こし睡眠クオリティが低下
  ※眼科医の処方を受けた連続着用可能なレンズは除く

身体への悪影響が発生する理由

活動時は目が開いている状態のため、空気中から酸素を取り入れることができます。

ところが、レンズを装着したまま寝てしまった場合、外気から酸素を供給することができないため、
目の中の酸素量が欠乏し、酸素を供給するために眼球内の血管が拡張目が充血します。

加えて、寝ている間は、潤いを保つために 涙も余計に供給され続け
本来は寝ている間に 涙はストックされていくのですが、このストックがなくなり、
目が覚めた時に 目のかすみ や 身体の状態異常警告による頭痛が引き起こされるわけです。

また、足りなくなるのは、酸素と涙(潤い)だけではなく、酵素も欠乏します。
酵素が欠乏した場合、角膜表面上のバリア機能が低下し、感染症リスクが高まるため、
寝る前は 必ず コンタクトレンズを外すことを忘れないようにしましょう。

もしもコンタクトレンズを装着したまま寝てしまったら(対処法)

目薬をさし、目に潤いを与えて下さい。
潤いを与えた後に、コンタクトレンズを外すように心がけましょう。

これにより、角膜に張り付いたレンズに潤いが戻り、
レンズを外す際の角膜を傷つけるリスクが低下します。

その後は、目に酸素を供給するために、その日はメガネで過ごすことをオススメします。
そもそもコンタクトレンズは、目の酸素と潤いを奪うものですので、眼休日を設けたほうが良いでしょう。

もし上記の方法で、レンズが外れない(痛い)目に違和感があった場合、早急に眼科にいきましょう

まとめ

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうと、1つも良いことがありません。

寝る前は絶対にコンタクトレンズを外すように注意しましょう。

もしコンタクトレンズをつけたまま寝てしまった場合、目薬をしてからレンズを外すようにしてください。

少しでも違和感がある場合は、早急に眼科に行くようにしましょう。

現代社会は、目を使用したツールで溢れていて、目が使用できなくなると 今ある生活を送れなくなります。
目はとても重要なものなので、大切に扱っていただければと思います。

編集後記

筆者自身、実際にコンタクトレンズを装着したまま寝てしまい、
そのリスクについて調べたのが、本記事を作成する きっかけとなりました。

最後には眼科医に聞いたのですが、調べれば調べるほど、すべての情報が「危険」につながるものでした。
コンタクトレンズは生活の一部となり、たまにその危険性を忘れてしまいますが、
本記事をきっかけに今一度コンタクトレンズとの適切な付き合い方を見直していただけると幸いです。

末筆とはなりますが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

今後とも、NakamuraBlog(ナカログ)をよろしくお願いいたします。

でわでわ。 




  • この記事を書いた人

Nakamura(nkmr)

NakamuraBlog(ナカログ)運営 [ 2.5万PV/月 ] │ブロガー│ 【経歴】IT会社に新卒入社 ▶︎ 通用しない ▶︎ プログラミングに出会う ▶︎ 年間1億円以上のコスト削減プログラムを開発 ▶︎ 会社賞受賞 ▶︎ 少しでも世の中の苦しんでる私と似た人に役に立てればと思いブログを開設。 ● 文系がプログラムと出会って会社員人生が変わった人。 ● 2020年より「嫁を置いて1人旅」の旅動画を投稿開始。

-Blog, Life, Thought
-,